染谷拓郎の情報、他
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【終了】10/11.12 A&C静岡 手創り市



初めての静岡。2日間で4ステージありました。

一番気持ちが良かったのは、実はステージではなく、2日目の朝、リハ代わりにぽろぽろとインストを弾いた時間だった。

こっちも伸ばしていきたい。

演奏の機会が僕を新しい場所や人に導いてくれる。ありがたいな。


染谷

【終了】9/21水戸 9/27下北沢


写真:中山和宜


9/21水戸 あおぞらクラフトいち

1.朝の光
2.ポートフォリオ
3.ソング・サイクル
4.サンタ・ルチア
5.8月
6.今となっては
7.終わりの季節
8.ダンスについて
9.行方不明の季節


9/27 下北沢モナレコード

1.朝の光
2.ポートフォリオ
3.ソング・サイクル
4.また明日
5.8月
6.ダンスについて
7.行方不明の季節


ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

やっぱりライブを続けてやるとだんだん調子が上がってくるよう。

演奏中は本当に一発勝負、集中しているような何も考えてないような。

次は10/11.12静岡の手創り市に出演します。
http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

交通費・宿代分をCDの売上で賄う、旅の自給自足スタイルを目指します。


染谷

【終了】9/13千年一日珈琲焙煎所





(浅野さん、写真お借りしました)

9/13(土)
千年一日珈琲焙煎所

来ていただいた皆様、告知等ご協力いただいた皆様、千年一日大坪さん浅野さん、
ありがとうございました。


朝の会では9時から演奏。
朝の光が入ってくる。
外を走るバイクの音に合わせて演奏を強める。
演奏が終わってもまだ10時過ぎだった。


夜の会、予約不要にしていたので集客が心配だったが、たくさんの人に来ていただいた(よかった…)


鈴虫のなる中演奏をして、自分が集中していく感覚が何曲かで感じられた。
この感覚はとてもうれしい。集中力。


コーヒーも入れた。ドリップスタンドを使って2杯ずつ入れていく。
これは本当に難しい。

でも出張コーヒー+ライブの人になったら面白いなぁ。
いつか怒られそうだ。


CDも多くの人のもとへ。
500枚作ったが、すでに諸々含め50枚はなくなった。
うーん、いいペース。


これから11月末まで行商の旅は続く。
次は21日(日)あおぞらクラフトいち 13時〜演奏します。
http://www.aozora-craft-ichi.com/aozora_news.html



染谷

ダンスについて雑感


2ndAL「ダンスについて」が1stAL「ポートフォリオ」より2年を経て完成した。まずは素直に嬉しい。


やらない言い訳を繰り返す時期を超え、やっと出来上がった。


「なぜ歌うのか」「何のためにやるのか」を何度も考えた(そして忘れた)。
これだけ世の中に音楽があふれている中で、わざわざやる意味はあるのか。

ジャンゴ・ラインハルトとポール・マッカートニーだけで十分じゃないか!


ぐるぐる考え続けて疲れたので、
考えることをやめた。軽くなった。
つまらなくなったらやめよう。
喜んでくれる人がいれば届けよう。


そうと決まれば話は早い。スマッシュ!
今年の春頃からアルバム制作に取り掛かる。タイトルは「ダンスについて」以外に考えられなかった。


バンド時代(2010年)に作った「フリスビー」という曲がある。
“訳も分からないけどワクワクしちゃうね、さぁ走ろう!”というフレッシュな曲。


その後、取り巻く環境が変化し、怒涛の日々が続く。それについていくのに必死で、気づくと「フリスビー」的時代は終わっていた。


「ポートフォリオ」はその怒涛の日々の中、作ったというより出来ちゃった、というものだった。


改めて「フリスビー」的時代の明るい葬式をしよう。よし、今後の基本方針を曲にしてみよう。


僕はこう思うし、こうする。誰もかれも好きなようにやればいい。
やぁ、こんにちは。ぶどうでも食べない?


「ダンスについて」と「フリスビー」は冒頭が同じ歌詞だ。どちらも“街はまだ眠ってる 君だけが今起きている”で始まる。そして、そこから違う方向に歩いていく。


早起きの“君”の物語は、4年を経て変わった。
僕は、今の“君”が好きだ。


これからも音楽を続けるかどうかは分からないが、自分なりに続けてきたことがこうして形になったのだ。よかった。


すぐに飽きられないように。
平熱のまま、いい具合に広がっていけばいいなと思っています。


染谷








9月のライブ



アルバムの発売が近づいてきた。
9月から11月まで、まずは駆け抜けます。

9/13(土)つくば 千年一日珈琲焙煎所
http://1001coffee.jugem.jp/

時間:開場 18:00 / 開演 18:30
料金:1,000 円
会場:千年一日珈琲焙煎所
(つくば市天久保3-21-3 星谷ビル F/G)


9/21(日)水戸 あおぞらクラフトいち
http://www.aozora-craft-ichi.com/aozora_news.html

時間未定



9/27(土)下北沢 モナレコード
http://www.mona-records.com/live/2014/09/live_092719.php

出演:Brightwin / noi・moca / 染谷拓郎
時間:開場 12:00 / 開演 12:30
料金:Lunch Set 2,500円 / 1drink 2,300円


どれもいい時間になればいいな。
頑張ります。


染谷

引用99



そうだ、友よ
雨がふればにごるまで
風がふけば波立つまで
ああ、それでいい
すべてはそれでいいのだと
自分はいま、いまはじめてそれをおもう


山村暮鳥『山村暮鳥詩集』彌生書房 1966年


ぴっかぴかに日焼けをしたり、大きな声で笑ったり、気にせず食べたり、そんな風に夏休みを過ごした。


色んな視点や思い出を作って、充電完了!いざ、という気持ち。


明日からまたせっせと働きます。


染谷


引用98


そしてこんなことをしている私は、一つの用を済ませた後の帰り道の気分だと思った。


用を済ませる前にはこんなにゆったりしてはいられない。


串田孫一『季節の折々に』未来社 1985年


やっとひと段落が着いた。
外は雨が降っていて、今日は予定もない。


お茶を飲みながら、ぼんやりしている。


また色んな事が始まる。
そしてそれを楽しむのだ。


染谷
引用97



われわれは今、自分が辿る道についてほとんどの場合あらかじめ情報を得てから出発する。


池澤夏樹『母なる自然のおっぱい』新潮文庫 1996年


何かを始める前に、一歩を踏み出す前に、どうも準備をし過ぎているよう。


何でもいいから飛び込んでみる!なんて事すら考えずに行動していた頃。


小さいながらも失敗と成功を知り、いちいちそうやって言い聞かせなければ始まらない今。


毎日はまったく繰り返しではない。こないだまで桜が咲いていたと思えば、今、街にはバラが咲き、花屋には芍薬が並ぶ。


カラッとした5月はもうすぐ終わり、友人は結婚をする。


どうなってもいいからこそ、自分の勝手を散々やったからこそ、矢印は少しずつ外を向く。


染谷


【ライブ終了】5/4下北沢モナレコード



1.生きるかなしみ
2.朝のひかり
3.森の生活
4.また明日
5.八月
6.ソングサイクル
7.ダンスについて
8.行方不明の季節


放っておいても気持ちのいい季節。久々にモナに来たが、変わったものと変わってないものがそれぞれ感じられた。


なんだかんだと曲が増えてきた。いい流れです。五月好き。


染谷
【ライブ】4/20水戸、5/4下北沢



4/20(日)
あおぞらクラフトいち@水戸芸術館前芝生
詳細→
http://www.aozora-craft-ichi.com/aozora_news.html


14時から演奏します。
毎回いい時間が流れる水戸のお祭り。

不思議に縁が出来て、定期的に訪ねる街があるのはとっても楽しい。

約半年ぶりのライブ。いい加減で出来れば。


5/4(日)
下北沢モナレコード
詳細→
http://www.mona-records.com/live/2014/05/live_050412.php


12:30〜演奏します。
本当にめちゃくちゃ久しぶりのモナでのランチライブ。
タコライスを食べながら音楽が流れる、GWに遠出しない人のための日。



さぁ今年も始まるんだな、と今さらながら感じています。


染谷