染谷拓郎の情報、他
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【ライブ終了】12/15MRF2012 | main | 【ライブ】1月2月のライブまとめ >>
引用78



人間の一生というのは円を描いて元いたような場所に戻ってくるものなのだということがよくわかった。


ただし、同じ場所に戻って来たようでありながら、実はそうではなく、遥か彼方に来ているのだという気持ちも強い。


細野晴臣『アンビエント・ドライヴァー』マーブルブックス 2011年



年の瀬。日々の日常を淡々と繰り返していくのはどうしてこうも難しいのだろう。


今年はいろんな出会いや別れがあった。
嬉しいことも悲しいこともたくさんあった。


近い人が立て続けに亡くなったり、会えなくなった人がいたり。
その代わり兄に子供が生まれたり、友人が結婚したり。


悲しみを通じて学んだことは、別の悲しみの前には圧倒的に無力だ。
それでも、そこから何かを考えて、自分をなだめすかすしかない。


肩の力を抜き、背筋を伸ばし、なるべく大笑いができるように。
毎日が健康で、穏やかな心持ちでいられるように。


まずは自分で実践し、周りにもやわらかくいられるように。
これはもう、僕の目標であり、なんというか夢(のようなもの)だ。


そんな様子を曲にするとこうなる。

Chilly Gonzales/Kenaston



この3日間、ずっとリピートで聴いている。やさしくて、つよくて。
2月に来日するので、嬉しくてしょうがない。


今年は(も)とんでもない一年だった。
残り一週間が、穏やかに過ごせればいいな。


染谷


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK